Pictliceの紹介

Pictliceとは

作品を使ってもらいたい人と画像を使いたい人をつなぐ
決済機能を備えたマーケットプレイスです。

about

Pictliceを使えば、だれでも簡単に画像の販売が開始できます。購入にも複雑な手続きは要りません。
画像の利用できる範囲は使いやすいようにわかりやすく明示されます。希望の画像が見つからない場合はリクエストを登録して画像を募ることもできます。

欲しい画像をリクエスト

Pictliceでは画像の購入と、ほしい画像のリクエストができます。

  • 素材サイトでは手に入りにくい、生活感のある写真が欲しい。
  • 商用利用可のイメージにあった画像が見つからない。
  • 画像共有サイトでイメージにぴったりの画像を見つけたのだけれど権利者がわからない。
    似た雰囲気の画像が欲しい。
  • 遠隔地の、普段の生活を撮った写真が欲しい。
  • 去年に開催されたイベントの写真が欲しい。

そんな経験ありませんか?
Pictliceでは、投稿された画像をわかりやすい利用条件のもと簡単に購入することができます。

また、もし希望の画像が見つからない場合でも、
リクエストの登録をしておけばぴったりの画像が投稿されるかもしれません。

リクエストする

配布・販売の開始は簡単

Pictliceで画像の配布を始めるのはとても簡単です。

Pictliceで画像を配布するのに、登録にも投稿にも審査はありません。 必要なのは購入者があなたが誰だかわかる情報を登録することだけです。ソーシャルメディアと連携することで、あなたが誰か、画像を購入したい人に明らかにできます。どのソーシャルメディアのアカウントと連携し、そのうちどれを公開ページで表示するかは自由に設定できます。

また、Pictliceでは自分の投稿画像の一覧ページが持てます。見出し画像やロゴを設定できますので、ポートフォリオ(作品集)として使っていただけます。また、管理画面の設定によりユーザページからメッセージを受け付けることもできます。作品の制作依頼などを受けていただくことが可能です。

※有償配布にはPayPalのプレミアムアカウントもしくはビジネスアカウントが必要ですが、費用は一切かからず手続きは簡単です。くわしくはこちら(PayPal解説ページ)をご覧ください

画像を投稿する

Pictliceが目指すもの

画像のライセンス管理とコンテンツ制作の活性化

インターネット上を行きかうコンテンツは多様化の一途をたどっています。

  • ソーシャルメディア向けコンテンツ
  • 電子書籍
  • ゲーム

企業や個人が小説を出版する、なんていうこともますます増えてくると思います。
今まで通り、型にはまったコンテンツ作りでだけでは注目を集めつづけることはできません。
より個性的な、特徴のあるコンテンツが求められています。

一方現代は「誰もが撮影機材を持っている」時代でもあります。イラストを描くのも、デジタル化が進みハードルが下がっています。つまり、誰だってコンテンツの供給側になれるのです。

Pictliceはこの二つの立場を結びつけます。
画像素材が欲しい人は撮れる(描ける)人にリクエストを送る。
撮る(描く)人は好きな許諾条件で作品を提供する。
画像のライセンスの流通を活発にすることにより、より面白いコンテンツの制作に貢献する。
それがPictliceの目標です。

ユーザー登録

Back to Top